エントリー

雲洞庵の土を踏みしめました

  • 2015/10/04 10:30

10月に入って一気に寒くなりましたね!

皆さん、体調崩してませんか?これからの時期は毎年鼻炎で鼻水が出てしまうので、警戒しています。

 

稲刈りが終われば黄金色に輝く風景もあと少しで見納め・・そう思うとさびしい気分になりますが、

だからこそ新米を楽しめる!と思えば嬉しいですよね。

 

話は変わり、先日南魚沼市雲洞にあります曹洞宗のお寺「雲洞庵」へ取材に行ってきました。

当日は天地人ガイドの会の片桐要重さんから案内をしていただきました。

雲洞庵の言われ、越後一の寺と呼ばれる理由、そして有名な「雲洞庵の土踏んだか」など

これまで知らなかったお寺が歩んできた歴史も詳しく知ることが出来ました。

 

中でも一番印象的だったのは、禅宗のお寺は宗教というよりも学びの場、教育機関としての

役割が大きかったということです。学問や武術、弓、馬など武士にとってはあらゆる教育の場と

なっていたというお話は聞いていて面白かったです。

 

一番最初の山門をくぐるときは右足ではなく左足から、というルールがあることにも

驚いたくらいですから、私はまだまだ知らないことがたくさんあるなと思いました。

既に訪れた場所でも、意外と気づいていない部分がたくさんあります。

 

地元を改めて巡ってみるというのも面白いかもしれませんね。

ページ移動

ユーティリティ

2019年09月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着コメント

Feed