エントリー

間違いないスイカ、それが八色スイカ!!!工場見学に行ってきました。

  • 2017/07/27 09:29

410.jpg

南魚沼の特産品の「八色スイカ」南魚沼市大和地区の八色原で育った、糖度が高く、シャリシャリ感が特徴のスイカです。
 
八色とは、春から秋にかけて「こぶし・桜・つつじ・藤・チューリップ・椿・ひまわり・コスモス」が咲き乱れる原で、八色原。その八色原で収穫されるのが八色スイカです☆
 
歴史は古く、大正末期から栽培されていたそうです。
 
すごーいですね☆
 
JA魚沼みなみのスイカ工場に取材に行ってきました。
塩谷ANと一緒だったのですが、工場大好き!ものすごい面白かったです!!
 
そして、機械のすごさもあるんですが、人の目でのチェックを経て、間違いない美味しさが地域の皆さんに届くんだなーと実感しました。
 
 
スタートは、ここ。
各コンテナごとに生産者が違います!中盤で張られるラベルに生産者の名前が記載されます。
イメージ 1
らくらくアームという吸盤のついている機械で、コンテナの下にあるスイカを持ち上げます。
 
イメージ 2
 
 
八色スイカが、ベルトコンベアーに乗ります。コロコロかわいい☆
 
ここは、人の目での確認をします。ベテランお2人の目でのスイカチェックポイントです!
お話いただいたのが、JA魚沼みなみの関さんです。
イメージ 3
 
 
 
 
持ち上げられるスイカ!
イメージ 4
 
 
 
 
八色スイカは、見た目のチェックや、音によるチェック、光での糖度チェックなどを受けます。
イメージ 5
 
ドーナツ型の台座にはバーコードがついています。
 
スイカ1個1個にバーコードがついているので、規格外になるとレーンから外れます。
すごい管理体制です。
 
 
ここで、サイズごとに箱詰めが行われます。
イメージ 6
 
 
イメージ 7
 
2つそろったら、箱詰めされます。
 
 
箱詰めされ、テープが張られた状態で、これまた、面白い機械の前にやってきます。
イメージ 8
 
箱を機械が積み上げていきます。
 
おもしろいぐらい、美しく積み上げます。
これでトラックへの搬入も、しやすくなったそうです。
 
スイカって、重いですよね。昔は、トラックへの搬送だけでも深夜までかかったそうです。
 
人の負担を減らしつつ、要所は人間の目で!
初めて見ましたが、八色スイカがおいしい「わけ」がわかりました!!
 
 
大変、いい勉強になりました。スイカ農家の皆さんにも感謝しつつ、この夏も八色スイカをいっぱい食べるぞー☆
 
イメージ 9
 
 
 
 

ページ移動

ユーティリティ

2020年01月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着コメント

Feed