エントリー

美味しい新蕎麦ができるまで~①蕎麦の刈り取り~

  • 2018/11/24 20:20

660.png

湯沢町にある農事組合法人滝の又農産が運営する「体験工房大源太」

美味しい地元産の蕎麦打ち体験が人気の施設です。

 

今回FMゆきぐにでは、そんな美味しい蕎麦がどのような工程を経て

出来上がるのか、そばの刈り取りから試食まで取材をし5回シリーズとして

放送しています。

 

私佐藤が初めて密着取材をした様子をブログで報告します!

まずは最初の工程「蕎麦の刈り取り」です。

訪れたのは三俣にある大島地区と呼ばれる場所、

こちらにはかなり広い蕎麦の圃場が広がっていました。

20181124195533.png

取材をしたのが10月中旬、ちょうど紅葉が色づいていた頃でした。

刈り取りをするにはちょうどよい気温でした。

 

蕎麦の実は7月下旬から8月初旬にかけまくそうで、

こちらの圃場では地元の方々が実をまく作業をしたそうです。

 

刈り取りは稲刈りのようにコンバインで行われました。

蕎麦の実は地面か50センチ~60センチほどの場所についていまして、

大分上の部分を刈り取ります。刈り残ってしまった部分は

地元の方々が鎌で刈っていました。

20181124193822.png

 

20181124195748.png

こちらの蕎麦の実ですが、花の段階では白い花をつけています。

ただ日が経つと葉っぱが落ちて実の部分が黒く褐色していきます。

70%~80%黒褐色になった状態が収穫のタイミングだそうです。

1つの実の大きさが1センチ程度、それが10個~20個ほど1つの

茎の先端についています。

20181124201745.png

こちらの圃場ではおよそ2時間かけて全ての実の刈り取り作業を行いました。

収穫された蕎麦の実は体験工房大源太に運ばれていきました。

次回のブログでは2つめの工程「乾燥作業」についてご報告します。

 

ページ移動

ユーティリティ

2020年08月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着コメント

Feed